休村日のお知らせ

閉じる

東映太秦映画村について

お客様の心に夢と思い出を…

東映太秦映画村は、日本で初めて時代劇撮影を見学し、時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて体験できるテーマパークとして、1975年に誕生しました。これまでに6,000万人を超えるお客様にご支持をいただいています。

子ども忍者
  • テレビや映画の撮影が見学できる!

    テレビや映画の撮影が見学できる!

    東映太秦映画村では隣接する東映京都撮影所側にも入口を設け、活きた撮影所の雰囲気を堪能しながら歩くことのできるシネマロードがあり、村内に再現された江戸の町などでは、実際のテレビや映画の撮影が行われ、ナマの撮影を見学することができます。

    ※撮影はそれぞれのテレビや映画のスケジュールにあわせて撮影が行われるので、日によっては見学できないことがあります。また、撮影日程や時間は変更になることがあります。あらかじめご了承下さい。

  • 時代劇の世界を体験できる!

    時代劇の世界を体験できる!

    東映太秦映画村では、ほんものの時代劇と同じ扮装を体験(時代劇扮装の館【有料】)して、本物のセットをバックに扮装のまま写真撮影が楽しめます。

  • キッズ向け施設も充実!

    キッズ向け施設も充実!

    パディオス内にある「スーパー戦隊×仮面ライダー ヒーローランド」では、これまでに東映が制作した歴代特撮ヒーローの世界を体験できます。週末にはスーパー戦隊・仮面ライダーなどのキャラクターショーや握手会が行われています。映画村だから実現できる大興奮のキャラクターショーは子供たちに大人気です。

施設概要

所在地 京都市右京区太秦東蜂岡町10
開業日 1975年11月1日
敷地総面積 53,000m²
施設内容 パディオス(複合施設)、イベントスペース(展示・イベント施設)、東映アニメギャラリー(展示施設)、まるごととびだす超立体360シアター(有料施設)、立体迷路 忍者の砦(有料施設)、さかなクンのデジタル深海水族館(有料施設)、キッズランド 忍ジャングル(有料施設)、仮面ライダー×スーパー戦隊 ヒーローランド(展示施設)、太秦トリックアートの館(有料施設)、映画文化館・京都太秦美空ひばり座(展示施設)、本丸御殿・レーザーミッション 脱出の城(有料施設)、中村座(イベント施設)、史上最恐のお化け屋敷(有料施設)、からくり忍者屋敷(有料施設)、忍者修行道場(有料施設)、おもしろ迷路館(有料施設)、ロケーションスタジオ(イベント施設)、オープンセット他
料飲施設 9店舗(うちレストラン5店舗、軽食2店舗、フードスタンド2店舗)
駐車場 700台

主な施設

大手門

1977年に映画村の新施設の一つとして完成した「東映城大手門」は、二条城大手門をモデルに設計された、映画村の看板施設です。普段は団体入口として使用していますが、撮影時は立派なオープンセットになります。

追手門

パディオス

大型屋内エンタテインメント施設として1997年にオープンしたパディオスでは、展示、アトラクション、イベント、飲食が楽しめます。「パディオス」とはPARK(パーク)とSTUDIO(スタジオ)を組み合わせて生まれた愛称です。

パディオス

1階 「水戸黄門漫遊の館」やイベントスペース、家族や修学旅行生など大人数での食事が可能なレストラン「チャンバラ」など
2階 こどもたちに人気の仮面ライダーやスーパー戦隊のキャラクターが集結した「仮面ライダー×スーパー戦隊 ヒーローランド」、3Dメガネを装着し、360度フルスクリーンに映し出される大迫力の立体映像を楽しむシアター「まるごととびだす超立体360シアター」、神秘的な深海の世界を迫力のドームシアターで楽しむことができる「さかなクンのデジタル深海水族館」、小さいお子様が思いっきり遊べる「キッズランド忍ジャングル」、3階建て高さ10メートルの屋内高層迷路「立体迷路 忍者の砦」など
3階 多目的イベントホールなど

オープンセット

映画村のオープンセットでは、実際に時代劇の撮影が行われることがあります。特に江戸の町は、撮影場所がわかりやすいように区画を指定しています。南北の通りは西から東へ順に〇丁目、一丁目、二丁目、三丁目、四丁目と呼ばれています。このほか、不思議なトリックアートの世界でおもしろ写真を撮って遊べる「太秦トリックアートの館」もあります。

オープンセット