「おしりたんてい ププっと!なぞときパーク」が大好評により延長決定!

「忍登SHINOBORI」 おことわり

8館限定アトラクションパス 発売中!

閉じる

東映太秦映画村×京都造形芸術大学「えんとつ町のプペル体験ツアー」

西野亮廣さん原作絵本の世界が映画村に出現。
話題のプペルVRが京都初上陸!!
芸大生が総力を結集してプペル史上最大の立体絵本を制作します。

イベントの見どころ
① VR体験と巨大な立体絵本で、えんとつ町の世界を疑似体験できるのは日本初!
② 京都造形芸術大生が立体絵本を制作。物語の中に入り込んだかのような「映える」写真を撮ることができます。
③ 全41枚の原画がずらり。会場でストーリーを理解できるので、どなたでも独特の世界観に夢中になれます。

場所
パディオス3階多目的ホール
スケジュール
開催期間:
2019年7月13日~9月1日
料金
入場無料(ただしVRシアターは観覧料が必要です<7歳以上1.000円>)
カテゴリ
アニメ・特撮, アトラクション, シーズンイベント

東映太秦映画村と京都造形芸術大学では、7月13日(土)~9月1日(日)の期間で、
西野亮廣さん原作の絵本「えんとつ町のプペル」の世界を再現したイベント。

東映太秦映画村×京都造形芸術大学『えんとつ町のプペル体験ツアー』を開催します。

 

ストーリーを知らない人でも大丈夫。

絵本を読み進めながら会場を巡ることができます。

見て、聞いて、感じて、撮って―。

子どもから大人まで、イベントを体験した全ての方々を大人気絵本の世界にいざないます

 

              

 

 

 

      

 

 

<VR(バーチャル・リアリティー)体験>

原作の物語やグラフィックをVRで再現した約15分間の作品。

絵本の世界に入り込み、光り輝く美しい町並みを堪能したり、

プペルとルビッチをはじめとしたキャラクターの生き生きとした掛け合いを楽しんだりすることができます。

※要観覧料:1,000円

※年齢制限:7歳以上




             

 

 

              

 

 

<巨大立体絵本>

あなたもえんとつ町の住民に仲間入り⁉ 絵本の中から京都造形芸術大学の学生が選び抜いた3枚を2.4m四方の巨大絵本で立体的に表現。

切り抜いたイラストを何層にも重ねることで遠近感を出し、臨場感を際立たせます。

重ね合わせたイラストの隙間には人が出入りできるスペースを設け、

えんとつ町に入り込んだような写真やプペルやルビッチなどのキャラクターとの写真も撮ることができます。

 

<写真を撮ってえんとつ町の住人になろう!>

#京都プペルをつけてSNSに写真を投稿された方に、

展示に使用された複製原画パネル(3枚組)を抽選で10名様にプレゼントいたします。

当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。絵の指定はできませんので予めご了承ください。

えんとつ町での皆さんの素敵な思い出をお待ちしております。